みー・えみ、ありがとう。兄ちゃん、ありがとう。

暑くて暑くて死にそうですが、なんとか生き延びています。冷たい飲み物を飲み過ぎて訳が分からなくなってきました。もう何も飲みたくないのに、気がついたら飲んでいる・・・そんな感じです。

7月初旬ってここまで暑かったでしょうか。外では涼しそうにムクゲが咲いていて、目だけは涼しい気もします。ムクゲやタチアオイが大好きなお母ちゃんとしては大いに慰められるところ。
CIMG4044.jpg

CIMG4043.jpg

わが家では美しい二人の娘が(親バカちゃんりん)この度、記念日を迎えました。7月6日はみー姉ちゃんのお家記念日。そしてえみりんの誕生日です。えみは7月だろうということしか分かりませんでしたので「良い日」を探したところ7月6日が幸せな運命を約束してくれそうな感じでしたので、7月6日をお誕生日に決めたのでした。

CIMG4037.jpg

みーはうちにきて3年経ちました。あれからもう3年!ついこの間のような気もするし、ずっと一緒だったような気もするし。うちにくることが決まってから足の手術もあったりしてみーには大変だったけれど、皆さんのお力添えでわが家にこんなかわいい子が来てくれて・・・と涙が出そうに嬉しかったことをしみじみと思い出したりしていました。いまではすっかりお姉さんになって、みんなの世話を焼いて回っていますが、昔は本当にちびさんで、今のえみのようにかけずり回っていたのでした。

CIMG4075.jpg

えみはこの7月で1歳です。無事に1歳を迎えました。本当に嬉しくて、お父ちゃんとお母ちゃんは感謝の気持ちで一杯です。イタズラもちょっと落ち着いてきて、お父ちゃんは淋しそうですし、「お父ちゃん、遊ぼう!」という回数が減って、お姉ちゃんと楽しそうに遊んでいるのを見ると「大きくなるってこういうことなのね~」と思ったりはしますが、元気が一番。本当に有り難いことです。

CIMG4033.jpg

それもこれも兄上が広い心でみんなを受け入れてくれたからこそ。この兄上のフレンドリーな性格は見習うべきところが沢山あり、我が子ながらできた子だな~なんて思ったりします。ありがとね、兄ちゃん。

これからもにゃんずと両親で仲良く暮らして行けたら、こんな嬉しいことはありません。何事もみんなのお陰だよ。ありがとね・・・と思っているのでした。


お母ちゃんの職場は突然ゆるくなることがあり、この2日の間にでみんなで半休を取ることに突然なりました。お母ちゃんは突然の休みに慌てふためき、行ってみたかった「あるにあらむ」へ。一人で優雅なお茶を楽しみました。でも、半休なんてねぇ。1日休みが欲しかったワ。その後はうちに帰ってきてお昼寝をし、今、こうしてブログを書いています。なんだかな~。
CIMG4053.jpg
スポンサーサイト

場所取り合戦&親切の嵐

暖かくなって嬉しいと思っていたら、とんでもなく寒くなって、身体に応える1週間でした。

でも鳴兎さんにいただいたムスカリが花をつけたんですよ♪嬉しい!
CIMG1257.jpg

昨日12日は私の命より大事な愛犬「まる」の命日でした。朝、みんなでご飯を食べていたら、こうちゃんが普段は近づかない、まるの遺影の周りをうろうろ。その後、窓際に行って窓をカシカシ。「開けてやれ」というので、まるが家に帰ってきたのだと分かりました。と同時に「え?家にいなかったの?」とビックリ。こうちゃんの行動は偶然なのかも知れませんが、なんとなく偶然と思えなかった朝でした。

CIMG1253.jpg

わが家は共働きで、食事を一緒に取るのが朝だけのため、必ずみんなで朝食を取りますが(お父ちゃんとお母ちゃんが食事をしている側でにゃんずも食事をしています)、朝食の後、必ずにゃんこベッドをめぐってお兄ちゃんと笑が殴り合いの喧嘩を始めます。

「どかんか、こら。ここは兄ちゃんの場所や。おまえはあっちへ行け」
CIMG1304.jpg

「やだもん。先に座った方が勝ちなんだもん。お兄ちゃんこそ、どきなさいよ。こうしてやる!」ガブッ!
CIMG1251.jpg

笑がしつこいのでいつまで経っても喧嘩が収まらず、私達がご飯を食べている間中、喧嘩をしている始末。

「もう、その辺でやめたら良いのに。」
CIMG1250.jpg

そうかと思えば、お互いに親切にしあって(^^;)

CIMG1332.jpg

CIMG1330.jpg

とにかく毎日賑やかです。5回目の震災の日を迎えたこともあるかもしれませんが、こんな毎日を宝箱に閉じ込めておきたいような気がしたりした今週でした。


新しい水飲み茶碗

暖かくなって、忙しいながら気持ちが軽くなるような毎日が続いています。私は冬は好きな方ですが、それでも立春を過ぎて陽射しが明るくなると軽い服が着たくなるし、靴も軽い方がいいな、と思います。

先日、「忙しくてちゃんと食べられないでしょ?」とお客様が職場に仕出し弁当の差入をして下さいました♪
せわしない中で食べなければならないのは残念でしたが、お心遣いが嬉しくて、みんなで「おいしい、おいしい」といただきました。こんなの久しぶりです♪

CIMG1206.jpg

ところで、にゃんずの水飲み茶碗を新調しました。新しいお水を入れてあっても、お兄ちゃんが台所に行ってしまうのです。これは絶対飲みにくいからに違いない、と確信した私。お父ちゃんに頼んでamazonで買ってもらいました。

メモリもついているし、飲み口も広いし、少し高くなっています。しかも安定性があるので、飲みやすいみたい。お兄ちゃんの台所行脚はなくなりました。ヨカッタヨカッタ(^^)

CIMG1204.jpg


笑は相変わらず四六時中、お父ちゃんの肩に乗っています。
CIMG1200.jpg

CIMG1202.jpg

CIMG1198.jpg

お兄ちゃんも暖かくなってちょっと身軽になってきました。やっぱり暖かいのが好きなんですね。
CIMG1196.jpg

笑が「お父ちゃんにしっぽを踏まれた~!」と言って鳴いたので、大慌てで飛んで来て笑の頭を舐めてやったお姉ちゃんです。こんなに優しい子になるとは思いませんでした。この間まで自分も甘えん坊だったのに。
CIMG1194.jpg

お父ちゃんのホラ話

結婚前、お父ちゃんと初めてドライブに行ったときのこと。お父ちゃんが美しい夕日を見て「オーストラリアで見た夕日に似ている」と言いました。へー、この人が海外旅行先にオーストラリアを選ぶなんて、と思っていたら、全くの嘘でした。そうやって、まったくの大ボラを平気でいうことが多々あり、お母ちゃんは「この人はニコリともしないで面白くもない嘘をつく」と脳に刻み込んだのでした。

関係ない写真でごめんなさい(^^;) この間食べたキンパです。あまりにも美味しかったので、つい(^^;)
CIMG1024.jpg

今朝、お父ちゃんは綺麗に並んで座っているみーと笑を見て、「うちには綺麗な猫の置きものがあるんだよ。白黒の方はラリックだよ」と言いました。「どこで買ったの?」と聞くと「船場センタービル(大阪商人仕入の殿堂)だよ。ラリックだけど12,000円でいいよって言われたんだよ」

CIMG1035.jpg

「じゃあ、しましまの方は?」「あれはラリックじゃないけど、良いものだから買ったんだよ。船場センタービルで1200万円って言われたんだよ」

CIMG1047.jpg

「すごいじゃん。でも、それってどっちもバッタもん(にせもの)ってこと?」「バッタもんとは違うんだけど」

「じゃあ、あの大きな白黒は?」「あれは高村光雲だよ。あれも船場センタービルで買ったんだよ。良いものだから」

CIMG1088.jpg

「ふーん。やっぱり全部バッタもんなんだね」「・・・」

という会話をして、今朝は出勤しました。この間、お父ちゃんはニコリともしませんでした。こんなアホみたいな話をしてほっこり出来るのも、みんなニャンズのお陰です。ありがたや~ありがたや~。

CIMG1054.jpg

病院ウィーク。そして天才現る。

寒くなったり暖かかったり豪雨だったり。お天気が結構目まぐるしかったここ2週間ですが、お母ちゃんも珍しく東京日帰り出張があったりして、目まぐるしく過ごしておりました。

せっかくの東京だったのになー。仕事が終わったのが新幹線に乗る40分前。東京駅に着いたのが30分前。つまんねー。
CIMG0551.jpg

そんな中、わが家は病院ウィークでした。笑が避妊手術をしてからというもの、みーが笑を心配してうろうろしており、心配の余り胃を悪くして吐いてばかりいましたので久しぶりに病院へ。

藤井寺動物病院のWさんに久しぶりの会ったみー。Wさんのことはきちんと覚えているみたいでした。顔が穏やかで、覚えていることが分かりました。先生も看護師さんもみーのことを覚えていて下さいました。K先生も「大きくなったな~」と笑顔で診察して下さって、みーとの再会を皆さんが喜んで下さいました。

胃薬を飲んで、すっかり良くなったみー。
CIMG0553.jpg

その後、笑の抜糸があって、お父ちゃんが笑を連れて病院へ。術後服も脱げて、すっかり元通りになりました。

黄色の術後服がかわいい笑。でも本猫は服を着続けるのはイヤでした。
CIMG0443.jpg

そして今日、お兄ちゃんの顎にニキビが出来て膿んでいるので病院へ。次々猫を繰り出すのでK先生が笑っていらっしゃいました。お兄ちゃんも薬を飲んで様子を見ることになりました。

CIMG0425.jpg

みんなが薬を飲んでいる中で、お兄ちゃんは猫雑誌に書いてある「薬の飲ませ方」通りに薬を飲んでおり、大変でもなんでもないのですが、いつもおとなしいみーがいざ薬を飲ませようとすると大暴れして大変なことが分かりました。病院でも処置室に入ったみーを待合室で待っていたら「ぎゃーぎゃー」という猫の声がして、「みーかな?」と心配するお父ちゃんに「そんなはずないよ。みーはおとなしいんだから」などと言っていたら、後で声の主はみーだったことが分かり、とても驚いたのでした(^^;)

ですが、一番の驚きは笑で、お父ちゃんが「えみー。薬だよ~」と呼ぶと、いそいそやってきて、手のひらから薬をぱくっと飲み、差し出された水を飲むのです(^^)今までいろんな猫と暮らしてきましたが、これは本当の天才かもしれません。いや、天才です。ひゃー。
CIMG0539.jpg




  次のページ >>