こうちゃん、初めての外科治療

この間まで「寒い」「寒い」と言っていたのに、最近はもう暑くて・・・あっという間に半袖OKの状態まで来てしまいました。さすがにまだエアコンは入れませんが、人の多いところではかなりの蒸し暑さ。爽やかな季節って短いですね。

P1130498(1).jpg

健康で、ほとんど病院にかからないこうちゃんが日曜日に藤井寺動物病院に行きました。おしりの所に傷ができていたからです。ずっと気がつかずにいる間に、どうやら化膿した様子。お父ちゃんの慌てぶりときたら、大変なもので朝9時に診療開始ですが、「明日は8時には家を出発するからね」と宣言。病院に8時20分に到着しましたが、すでに5番目。その後、どんどん人が増えて、わんわんわんわん!わんわんわんわん!と大賑わいに。

P1130502(1).jpg

結局、分泌腺に大腸菌が入り込んで化膿していたようで、腫瘍性の病気ではなく、膿を取っていただいて事なきを得ました。1週間、抗生物質と塗り薬を塗って様子を見ます。腫瘍性の病気でなくて、本当に良かった・・・蔦がこうちゃんを守ってくれたんだと本当に感謝しました。ですが、当の本人は「オレはこの年になってこんなことになると思わんかった。誰も何も言うてくれんけど、オレはもう、このまま死ぬんやな・・・」と憔悴しきっており、家に帰ってからも疲れが出てヘロヘロ。それを見るお父ちゃんが「かわいそうだ」「かわいそうだ」とオロオロ。

P1130506(1).jpg

エリザベスカラーも病院のでは中々身動き取りにくいということで、早速amazonで評価の高いものを探して取り寄せたのでした。

P1130507(1).jpg

私たちがいない昼間は2階で閉じ込めになっているこうちゃん。扉を開けてしまうので、一緒に閉じ込められるみー。

あたしもお兄ちゃんと一緒で病気なの?
P1130437(1).jpg

エリザベスカラーをつけていてはストレスが溜まるからとこうちゃんをブラッシングしたり、おやつを少し多めにご馳走したり、夜中も「さあ、こうちゃん、お水だよ。ご飯だよ」とこうちゃんの口まで水とご飯を運ぶお父ちゃん・・・大変良いケアワーカーになることは間違いありませんが、ケアされる人との境界が曖昧になるとケアワーカーが燃えつき症候群になると言われています。ご注意下さい。


スポンサーサイト
  次のページ >>