台北の旅 その2 【九份】

立葵の花がてっぺんまで咲いている大阪。これは梅雨明けのサインですから、もうこれからは本格的に夏なんだなと思わされる暑さの週末。お母ちゃんはせっせと花に水をやり、「緑のカーテン」目指して頑張ってもらっている琉球アサガオに肥料をやり・・・と夏の休日を過ごしました。

さて、台湾の旅ですが、帰ってきてからつらつら思い出すに「次に行くときはここにも。これも食べて」と課題を見つけ出す日々を送っています。

旅行一日目の夕方。ひどい雨ではありましたが九份に行きました。宮崎駿のアニメの舞台になった所です。特に好きな作品という訳でもなかったけれど、台北に行くなら絶対行きたいと思っていました。

雨に煙って風情のある景色。
CIMG0058(2).jpg

観光地なのでお店もたくさんあります。一つ一つ見て回るのも楽しみの一つです。私はここでお土産に印鑑をかいました。お父ちゃんにフルネームの印鑑です。台も字体もいろいろ選べて、しかも五分でできるのです。色違いの台で自分の分も作りました。

CIMG0047(2).jpg

九份には夕方まだ陽のあるうちに着きましたが段々暗くなってきて、山の中腹から眼下を見るとこんな感じ。絵になる景色です。

CIMG0061(2).jpg

当日はすごい雨で、とにかく道が狭いので傘をさして歩くと対面から来る人たちとぶつかって大変。レインコートを着ていたのですが、雨の降り方が尋常ではなくもう大変。なので、途中でお茶休憩をしました。台湾茶を頼むとこんなにお菓子がついてきます。どれも美味しくて、烏龍茶にぴったり。小さなお茶碗で何度もお茶を飲むのが台湾スタイルですが、私の結論としては「これは台湾版アフタヌーンティーなのね」ということでした。お菓子を食べながらおいしいお茶を飲んで会話を楽しむ。良い時間だなと思いました。

CIMG0069(2).jpg

そして宮崎駿のアニメの舞台。大雨の中で写真を撮ったので雨粒が映っています。情緒ある建物で、なんとも言えない良い雰囲気ですが、この景色を見て、あのストーリーを作り出していくというのは、やはりプロの仕事なんだなという気がします。私は想像力のない人間なので「良い感じね~♪ステキ~♪」と思ったら終わりです(^^;) であったとしても心に残る美しい風景でした。 続く。

CIMG0067(2).jpg

長くなる予感がするな。
CIMG0336.jpg

お母ちゃん、台湾ってなに?美味しいの?
CIMG0338.jpg

「・・・」
CIMG0333.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://maruniemomonee.blog98.fc2.com/tb.php/435-8e489647
<< 長かった繁忙期 | TOP | 台北の旅 その1 >>