Catch me if you can再び

最近の夏は酷暑なんだと覚悟が出来ていますが、自分の体力が衰えるので辛い毎日が続いています。お盆も近いし・・・6日間休むための準備が大変。暑いのに外出も多く、首にひえひえタオルを巻くのですが、すぐにぬるくなるし、喉が渇いて死にそうになるし、アイスの誘惑に負けて太ってしまうし、良いことありません。後2月くらいは暑いのに、もううんざりです。

コンテナのパプリカに蜘蛛の子がいました。少しつっつくとまさに「蜘蛛の子を散らす」状態になります。田舎育ちの私ですが、蜘蛛の子は初めて見ました。美しくて驚きました。
CIMG0666.jpg

ところで。お父ちゃんは先日来、自分用の夏のお買い物もせず、笑のおもちゃを熱心に探していました。笑は起きている間はすべてお父ちゃんにまとわりついて暮らしており、にゃおにゃお鳴きながらお父ちゃんに甘えてばかりいるのです。お父ちゃんが新聞を読んでいたら新聞の上に乗り、単行本を読んでいたら単行本の上に乗っている状態で、ゲラゲラ笑いながらも「これはイカン」と思っていた様子。で、検討の結果、catch me if you canの最新版を買いました。

CIMG0649.jpg

今回は新しいバージョンということで、動きも多彩、速度も選べ、素晴らしい出来なのです。こんな小さな機械でこんな複雑な動きができるなんて!と見ているこちらが感動。

以前、みーのために買ったのですが、お兄ちゃんが丸いシートの上にどっかりと座り込んでしまい、みーは全然遊ぶことができませんでした。今回もお兄ちゃんは「この羽が動く原因は中央の機械にある。シートの上に座って羽も押さえ込めば大丈夫。ほら。」とやって見せていましたが、折角買ったのに、これじゃあ笑が遊べないと強制退去させていただきました。

CIMG0660.jpg

Catch me if you canが笑の子守をしている間、お父ちゃんは側で本を読めるようになったのですが、曰く「スマホ育児みたいで良心が痛む」。全く猫煩悩にも程があります。でも、笑は大満足でcatch meが動いている間中、楽しそうにくるくる回る羽根を追い回しています。こんなに喜んで遊んでくれたら買って大正解です。良かったね、笑。

私もちょっとは遊んでいるのよ。でも、笑が興奮して走り回っているから、ちょっと遠慮してしまうのよね。私はお姉ちゃんだからね。笑に譲ってあげないと。
CIMG0647.jpg


おまけ。
8月1日。PL花火で帰りの電車が混むので、午後休をとった私。ランチに高島屋の中の「鼎泰豐」で一人台湾料理のランチを楽しんできました。
CIMG0644.jpg

その後はFAR EAST BAZAARで美味しいアイスを。疲れていたので心の洗濯でした。半休なんて久しぶり。一人だけど楽しかった♪
CIMG0642.jpg

長かった繁忙期

梅雨明け宣言はないものの、これはもう完全に梅雨明けしている大阪。毎日毎日暑い中、通勤するだけで精一杯な私です。

とにかく忙しい時期がずっと続いていて、毎日毎日追われていたのですが、先週末、突然気がかりな仕事がストンと終わり、心に余裕が生まれました。いつもの年なら忙しさはここまで長引かないはず。今年は一体なにがいけなかったのか分かりません。でもまぁ、少し落ちついて良かったです。

今年は「緑のカーテン」を目指して琉球アサガオを植えたのですが、最近やっと咲いてくれました。毎日何個咲くか数えています。深い海の様な青に癒やされています。

CIMG0376.jpg

今年はこの花と一緒に夏を頑張りたいと思います。

体調はまずまずのお兄ちゃんです。ですが、最近体重が減少傾向。おじいちゃんだから仕方がないけど心配です。
CIMG0499.jpg

ノミ予防の薬をつけたら激怒してしまったみぃ。お父ちゃんと二人で謝っていますが、未だ怒りが解けません。ごめんよ。
CIMG0382.jpg

久しぶりにお母ちゃんとたくさん遊んだ笑。お母ちゃんは楽しくて仕方ありませんでした。
CIMG0386.jpg

台湾料理が懐かしくて、堺の台湾料理のお店に行き、「大根餅」を食べてきました。また台湾に行きたいなぁ・・・。
CIMG0504.jpg


台北の旅 その2 【九份】

立葵の花がてっぺんまで咲いている大阪。これは梅雨明けのサインですから、もうこれからは本格的に夏なんだなと思わされる暑さの週末。お母ちゃんはせっせと花に水をやり、「緑のカーテン」目指して頑張ってもらっている琉球アサガオに肥料をやり・・・と夏の休日を過ごしました。

さて、台湾の旅ですが、帰ってきてからつらつら思い出すに「次に行くときはここにも。これも食べて」と課題を見つけ出す日々を送っています。

旅行一日目の夕方。ひどい雨ではありましたが九份に行きました。宮崎駿のアニメの舞台になった所です。特に好きな作品という訳でもなかったけれど、台北に行くなら絶対行きたいと思っていました。

雨に煙って風情のある景色。
CIMG0058(2).jpg

観光地なのでお店もたくさんあります。一つ一つ見て回るのも楽しみの一つです。私はここでお土産に印鑑をかいました。お父ちゃんにフルネームの印鑑です。台も字体もいろいろ選べて、しかも五分でできるのです。色違いの台で自分の分も作りました。

CIMG0047(2).jpg

九份には夕方まだ陽のあるうちに着きましたが段々暗くなってきて、山の中腹から眼下を見るとこんな感じ。絵になる景色です。

CIMG0061(2).jpg

当日はすごい雨で、とにかく道が狭いので傘をさして歩くと対面から来る人たちとぶつかって大変。レインコートを着ていたのですが、雨の降り方が尋常ではなくもう大変。なので、途中でお茶休憩をしました。台湾茶を頼むとこんなにお菓子がついてきます。どれも美味しくて、烏龍茶にぴったり。小さなお茶碗で何度もお茶を飲むのが台湾スタイルですが、私の結論としては「これは台湾版アフタヌーンティーなのね」ということでした。お菓子を食べながらおいしいお茶を飲んで会話を楽しむ。良い時間だなと思いました。

CIMG0069(2).jpg

そして宮崎駿のアニメの舞台。大雨の中で写真を撮ったので雨粒が映っています。情緒ある建物で、なんとも言えない良い雰囲気ですが、この景色を見て、あのストーリーを作り出していくというのは、やはりプロの仕事なんだなという気がします。私は想像力のない人間なので「良い感じね~♪ステキ~♪」と思ったら終わりです(^^;) であったとしても心に残る美しい風景でした。 続く。

CIMG0067(2).jpg

長くなる予感がするな。
CIMG0336.jpg

お母ちゃん、台湾ってなに?美味しいの?
CIMG0338.jpg

「・・・」
CIMG0333.jpg

台北の旅 その1

韓国に一緒に旅行したOさん、Hさんと台北に行ってきました。忙しかっただけでなく、こうちゃんが体調不良で最後まで行こうか止めようかと迷いましたが、お父ちゃんが「こうちゃんは大丈夫」と言ってくれたので行ってきました。2泊3日。私にとっては2カ国目の外国です。

台湾と言えば美味しいごはんと風水。折角なので開運の旅にしたいと思いました。良い気をたくさん吸い込んできたいと念じていざ出発。

Oさんは風水にとても詳しい人。圓山にあるパワースポットでもあるホテルを見に行くというので連れて行ってもらいました。素晴らしい彫刻でいっぱい。

CIMG0014(2).jpg

巨大なアメジストドームもありました。アメジストドームを玄関に置くと人を招くんだそうです。とても綺麗です。私は記念に翡翠の指輪を買いました。翡翠は厄除けの石。今の私には必要かも、ってことで。

CIMG0028(2).jpg

一日目の夕方、屋台で食べました。胡麻のペーストが底にあり、ちょっとピリ辛でなんとも言えない美味しさ。台湾で食べた麺や饅頭はどこもとても美味しくて、小麦を上手に加工しているんだなと思いました。こんなに美味しい麺や饅頭は日本ではなかなかお目にかかれない気がします。

CIMG0033(2).jpg

九份で食べた「豆花(トウファ)」温かいというかぬるいバージョン・・・のはずですが、豆腐が入ってなくて、トッピングのみ入っていました。これじゃあ「花(ファ」」じゃん。でも美味しかったのでした。ただ・・・ハトムギがヤバイ感じ・・・これは腐る寸前では・・・?結局全部食べましたが、夜中胃がピリピリ(>_<)慌てて胃薬を飲んで事なきを得たのでした。

CIMG0043(2).jpg

Hさんが食べた冷たい豆花(花のみ)。氷が入っていて、なかなかパンチが効いていました。
CIMG0044(2).jpg

韓国に行ったときは溢れかえるハングルで言葉が通じなかったらどうしたら良いかという緊張感がありましたが、台湾は言葉は全然通じませんが漢字が読めるので意味が分かり、旅行もなんとなくスムーズ・・・快適な旅になりました。続く。

お母ちゃんが留守だったことに気づいていたのは、みぃだけでした。

お母ちゃんがいないのよ。どうしたのかなぁ・・・。
お母ちゃん、おらなんだんか。
CIMG9962.jpg

え?お母ちゃん、ずっと家にいたでしょ?
CIMG9959.jpg

David Austin Roses

お年頃のため、なんだか疲れ気味の今日この頃。更新が1ヶ月も空いてしまいました。やりたいことがたくさんあるのに、なぜか半分も出来ない・・・(T_T)イヤですねぇ。

5月の暑かった週末、お父ちゃんが泉南にあるDavid Austin rosesのお庭に連れて行ってくれました。今年はバラの鉢を1つ増やしたいとずっと思っていました。どんなバラにするか迷っていたけど、蔦のバラがDavid Austinの「ジ・アレンウィック・ローズ」だったので、新しいバラもDavid Austinにすることにしました。

CIMG9919.jpg

当日はDavid Austinさんもイギリスから来ていてサイン会などもしていましたが、私はとにかくバラを選ぶことに必死。このお庭は無料で入れるため、花を楽しみに来ている人も沢山いて、私も最初はそんな気持ちで「行ってみたい」などと言っていたのですが、来てみて分かったことはここは要するにDavid Austin rosesの展示場なんだということでした。それでもたくさんのバラが咲き乱れていて本当にステキ。

CIMG9972.jpg

わが家は鉢を置ける場所に限りがあるので直立性のバラでないと・・・などと制約があり、どれでも良いと言うことにはなりませんが、今あるバラがピンクなので、アプリコットと白で探すことにしました。

CIMG9968.jpg

David Austinのバラは素朴なバラというよりはコテコテのイングリッシュローズですが、品種によっては香りが素晴らしく、豪華なので楽しみが多い気がします。

お庭が広くて、こんな風に群生させることができたらどんなにステキでしょう。

CIMG9965.jpg

フリルが多くて女子はイチコロって感じです。

CIMG9967.jpg

真っ赤なブラシの木も見事でした。

CIMG9911.jpg

結局2鉢購入することにしました。1つはお父ちゃんから、少し遅れた「母の日」のプレゼントってことで。

お父ちゃんセレクトのバラは新作の可憐なバラでした。 咲き初めはこんな感じ。

CIMG9927(2).jpg

段々開いていくと、こんな感じ。 良い香りがして楽しめます。

CIMG9928(2).jpg

バラを選んだ後は当然お楽しみを。戸外で食べると美味しさもひとしお♪

CIMG9918.jpg

お姉ちゃん。新しい鉢が増えてる。

CIMG9954.jpg

オレは食えんもんはどうでも良い。

CIMG9956.jpg


<< 前のページ     次のページ >>